犬と僕と私の日常。 シェルティ+いたちの生活
シェルティ大好き夫婦と愛犬達+いたちの日常を綴ります。お星様になったウエスティとシェルティ達の思い出話もちらほら☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
そして、お空へ・・・
コメントくださった方、後日かならずお返事いたします。ありがとうございますm(_ _)m


メリークリスマスです
Img_721812.jpg
今年9月に撮影。


本日、メルクルと同じ宝塚動物霊園さんで葬儀を行い、ルナさんはお空に旅立ちました

朝目覚めると枕にまたもや鼻から出血が・・・黒くなった血液が痛々しくて・・・理由をはっきり知りたいですが、生前のルナさんが苦しんでいなければよいのですが・・・。

ルナさんの大好きな物とお花を持って、自宅を後にしました。ルナさんの姿をここで見ることができるのは最後なので、抱っこしてお庭に連れて行きました。

今朝はとっても寒かったですね。シェルティの毛でもとっても冷たかったです。

朝9時半に宝塚駅であき平さんのお父様お母様と待ち合わせて、ルナさんは斎場へと向かいました。

木製の棺にルナさんを寝かせて、旅立ちの準備を整えます。
自宅から持ってきたルナさんの好きな物を入れていたのですが、クッキー、砂肝、いつも食べていたフード、最近大好きだったわんこ用ロールケーキ、パン、白菜、トマト、キュウリ、りんご、・・・野菜多い!

お花と、おやつと、お野菜に囲まれたルナさん。きっとお空では元気な姿になるので、お腹いっぱいご飯食べれることでしょう。

もりもり食べ過ぎて、お腹こわさないか心配です

お経をあげていただいて、火葬場で最後のお別れをして、ルナさんの姿の見納めと思うと悲しくて頭が真っ白になりました。

お別れをして外に出ると・・・空からチラチラと綿雪が・・・

天使の羽だったらいいなと思いました。

ルナさんは雪の日に外に出るのが好きな子でした。
P2881.jpg

お骨になったルナさん。きれいなお骨でした。

係りの方がお骨の説明をしてくださいます。わんこは身体が大きくなれはなるほど心臓にかかる負担が大きいそうです。
その方はルナさんの身体の大きさで、この年齢まで生きたのは100歳近いですよ。大往生ですねとおっしゃいました。

大往生。でも、元気でいてくれたら。もっと一緒にいたかったとの気持ちを拭い去ることができません。

あとは、ルナさんが迷子にならずに天国へ行けるように、ひたすらお祈りします。

そうそう、こんな寒い日はきっとメルちゃんが寒くて震えてることでしょう。
今年の春に旅立ったメルクル。本格的な冬を迎えて、どうやって寝ようか!?っておもってたかな?

ルナさんが今日そちらへ行きました。メルちゃん、久しぶりに一緒に寝れるね

Image9162.jpg

葬儀を終えて、あき平さんの実家のふ~ままさん宅へ向かいました。大きな忘れ物が・・・

ユノ吉ちゃんとポロン太との一週間ぶりの再会です

ポロン太・・・会うなり、「だだだだ誰ですか!!!???」
って、逃げましたが

そして夜になって皆で自宅に帰って来ました。

00212.jpg

まだ不思議な感じです。

ちなみに今日はこの子がここに寝ています
01012.jpg
どんな夢みてるのかな??

ルナさん、ゆっくりお空から見守ってね。いつでもいいから、たまに帰っておいでね

kazoku_1839.jpg

ポチっとクリックお願いします☆
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
こちらも応援お願いしますです☆
↓↓↓↓↓↓↓↓


皆様の応援がはげみです~クリックありがとうございます

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
はじめましてあくび君のままさんから訃報を聞いて伺いました。ちびちびちー君改めアランのパパです。今年に入って愛しい家族を続けて亡くされた悲しみは計り知れないと思います。
雪が大好きだったルナちゃんの葬儀の日に雪が降ったというのもルナちゃんのメッセージなのかもしれませんね
ご冥福をお祈りします。。
2010/12/27(月) 01:03:05 | URL | ヴィヴィアランパパ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/27(月) 15:00:19 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
ヴィヴィちゃん&アラン君パパさん初めまして。
お悔やみコメントありがとうございます。返事が遅くなってすみませんm(_ _)m

ルナは初めて私が繁殖したコで、しかも人口哺乳もしていた事。私の人生の辛い時期を一緒に乗り越えてくれたことなどもあり、犬でありながらも存在は絶大でした。
犬を擬人化してはいけないと私の好きなトレーナーの著書に書いてありましたが、ルナだけはどうしても特別視してしましました。きっと、私の心の弱さのより所にしていたんでしょうね・・・

チビチビチー君も甥っ子でありお兄ちゃんなポロンもまだ若い犬。彼らの犬生がずっとずっと続き、病気なく天寿を全うしてくれたらと思います。
ファミリーさんの温かいメッセージに本当に心癒されてます。
ありがとうございます。
2010/12/28(火) 23:29:15 | URL | しょうすけ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merukuru0514.blog106.fc2.com/tb.php/64-026328b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
photo&customize by カールアニキ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。